梱包をエコに、ムダなく行うマメ知識

これは、私が海外引っ越しをしたときに得たダンボールをいかに有効的に使うかというマメ知識です。
海外引っ越しの場合には、荷物全体の重さや大きさによって引っ越し料金が異なるため、どれだけコンパクトに荷物をまとめられるかということが重要でした。
初めての海外引っ越しだったので、キッチンの割れ物の梱包だけは業者にお願いし、あとの梱包は全て自分達で行いました。
開封の際に気が付いたのですが、業者の人はお客様の持ち物に破損があってはいけないという理由からか、緩衝材の使用量がとてつもなく多かったです。
自分で梱包を行った分に関しては、ハンガーに掛けなくても大丈夫なTシャツなどの衣類やタオルなどを緩衝材の代わりに使用したため、ダンボール内の隙間を荷物のみで隙間無く埋めることができ、とても効率的でした。
業者に全てお任せにする場合には、余分な緩衝材使用でその分料金が高くなっている可能性もあります。
開封の際に緩衝材がゴミとして出ることもありませんので、自分の衣類やタオルを緩衝材として使用することをお勧めします。

関連記事はこちら: